何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

愛知の秘境といわれる乳岩峽の新緑

新城市の乳岩峡に昨日、行ってきました。愛知の秘境といわれる渓谷美と奇岩が織りなす絶景の峡谷で、国の名勝及び天然記念物にも指定されています。

 

3年前に初めて行ったときは、撮影機材をデジタル1眼と標準ズーム、中型三脚にしぼって軽量化しましたが、あまりにも景色が雄大すぎて、標準ズームでは対応できませんでした。

 

三脚も中型三脚を担いで登ったため、バランスが悪く疲れてヘトヘトになり、ほぼ撮影できませんでした。

 

今回、3年前の反省を踏まえ、計画と準備をしっかりと進めました。撮影を2つのコースに分けて、機材を選択します。乳岩川の新緑はデジタル1眼と中型三脚、乳岩トレッキングは超広角スマホとトラベル三脚です。

 

www.sxvblog.com

 

www.sxvblog.com

 

服装も、動きやすく汗を吸収するトレッキングウエアに予備のレインウエア、滑り止め付軍手、ミドルカットのトレッキングシューズを準備しました。

 

ところが、最初のアクシデントが発生しました!!

 

前日に公式サイトを見ると、4月28日17時から5月5日16時までは乳岩峡の入口にある駐車場が閉鎖され、林道入口が進入禁止になるとのことです。林道入口付近に駐車場があるようです。

 

詳細は不明でしたが、予定通りに出発して5時30分ごろに駐車場に着きました。民間の駐車場で、6時からのようですが入れてもらえました。駐車料金は1000円です。

 

www.sxvblog.com

 

まず、早朝に乳岩川の新緑を撮ります。駐車場から乳岩峡の入口まで緩やかな登りを20分くらい歩きます。

 

最初の撮影ポイントは、一枚岩に流れるエメラルドグリーンの渓流ですが、水量が多くて水が濁っていたので、今回は撮影しませんでした。

 

www.sxvblog.com

 

次は、ジブリのイメージの橋と深緑の森です。アニメに出てくるような橋ですが、実際にこの橋を渡って乳岩に向かいます。

f:id:SXVM:20210504173817j:plain

 K-3+DA★16-50 2021/5 乳岩峽

 

分岐で乳岩コースではなく、鬼岩コースに進みます。

 

途中の乳岩川に降りられるポイントで撮影しました。もののけ姫の森のイメージの岩とコケで、手つかずの自然を全身で感じることができます。

f:id:SXVM:20210504153550j:plain

K-3+DA★16-50 2021/5 乳岩峽

 

鬼岩コースを続けて登りましたが、次のアクシデントが発生しました!!

 

持病の膝が痛くなってきました(笑)。思っていた以上に登りがきつく、疲労が蓄積されたためだと思います。残念ながら途中で下山することにしました。

 

帰りの水の流れが緩やかなポイントの乳岩川です。 深さがあると、一段とエメラルドグリーンになり美しいです。

f:id:SXVM:20210504144156j:plain

K-3+DA★16-50 2021/5 乳岩峽

 

計画では、車にもどって休憩後に乳岩トレッキングに行く予定でしたが、膝の痛みと駐車場との往復の疲労から、今回は断念することにしました・・・。

 

乳岩トレッキングは新緑でなくても問題ないので、再度、挑戦したいと思います。

 

進入禁止について駐車場の方に聞いたところ、林道の違法駐車で救急車が入れないトラブルが発生したためだそうです。今後も進入禁止にするかもしれないとのことなので、出発前には再度、確認をお願いします。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村