何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

フォトトレッキングに対応できる撮影装備

トレッキングに対応できる装備は、体への負担が少なく動きやすい!!

 

私のフォトトレッキングに対応できる撮影装備を紹介します。

 

私の撮影スタイルは、全機材をリュックタイプのカメラバックに入れ、トラベル三脚をリュックに固定して、2~3時間歩きながら撮影します。

 

カメラはAPS-Cセンサーデジタル1眼レフ、レンズはF2.8固定ダブルズームと大口径単焦点の3本です。三脚と合わせて5kgほど重量があるため、荷重分散と動きやすさを考慮した装備です。

 

目次

 

リュック

リュックは、全カメラ機材が入る容量があり、取り外し可能なウエストベルトが付いているThule Aspect DSLR Backpackです。タウンユースもOKなデザインで、ウエストベルトで腰に荷重を分散させることにより、肩への負担を軽減できます。

 

リュックカバーは付属していないため、イスカ ウルトラライトパックカバー M(30-45L)にしました。少し大き目ですが、リュックに固定している三脚もカバーできます。

f:id:SXVM:20200429094044j:plain

K-3+DA★16-50 2020/4 「Thule Aspect DSLR BackpackとVelbon UT Carmagne 5430+ KTS PRO-40」

 

登山用リュックに比べ、Dリングやベルト類が少なく、リュックにカメラを固定する方法が制限されるケースがあるので、注意して下さい。

 

三脚

三脚は、カーボン4段トラベルタイプのVelbon UT Carmagne 5430です。重量が1623gとやや重たく、全高1487mmと高さが少し低いですが、広角から標準レンズなら十分な剛性があります。

 

雲台とクイックシューベースは、KTS PRO-40とVelbon QRA-635LⅡに入れ替えています。縦位置ブラケットは、Velbon BR-Qです。汎用品なのでボディとのフィット感は今一つですが、レバー操作だけで切り替えることができます。

 

www.sxvblog.com

 

 

雨具

レインウエアは、長年使用しているモンベル レインダンサージャケットとパンツです。ベーシックな耐久性に優れたウエアです。

 

ゴアテックスのレインウエアは、雨だけではなく、冷えたときの防寒、風が強いときの防風とマルチに使える万能ウエアです。防災用にも使えることから、上下セットを持っていても損はないと思います。

 

傘は、コンパクトなtotes Line 四つ折り48cmです。収納時の長さは15cm、重さは240gです。

f:id:SXVM:20200429094459j:plain

K-3+DA★16-50 2020/4 「雨具」

 

雨具は普段は車に置いてあり、天候やシチュレーションに応じてリュックに入れて行きます。

 

シューズ

アウトドアフィールドや足下が悪い撮影地は、メレル モアブ2ミッドゴアテックスを履きます。

 

一般的なトレッキングシューズに比べて軽量で柔らかく、アウトトドア全般に使えます。

 

行動食

井村屋 えいようかんを常にリュックに入れています。1本でご飯一杯分、171kcalのエネルギー補給が可能で、食べやすく美味しいです。5年の長期保存を実現しており、防災非常食としても常備しています。

f:id:SXVM:20200429094754j:plain

K-3+DA★16-50 2020/4 「行動食」

 

アウトドアクッキング用品を持って行くときのコーヒーは、ネスカフェ ゴールドブレンド コク深めスティックコーヒーです。疲れた時には濃いめの味が美味しいです。

 

www.sxvblog.com

 

エマージェンシーグッズ

LEDヘッドライトは、GENTOS CP-095Dです。エマージェンシーというよりは、風景撮影には必須の道具です。夜明け前に現地に到着したときのカメラセッティングや夜景、天体撮影にも欠かせません。

 

CP-095Dは、単3形電池1本使用で、小型で安価ながら、明るさ95ルーメン、エコモード、赤色LEDモード、1m落下耐久、耐塵防滴と十分な機能があります。電池は容量が大きいエネループプロです。

f:id:SXVM:20200429094954j:plain

K-3+DA★16-50 2020/4 「エマージェンシーグッズ

 

エマージェンシーブランケットは、SOL ヒートシート 1人用です。サイズは約142×213cm、重量は約70gです。

 

簡易トイレは、モンベル O.D.トイレキットです。撮影地によっては、トイレが近くにない場合も多く、万が一を考えて持って行きます。重量38gと軽量かつコンパクトで荷物を最小限にできます。

 

まとめ

2年前までは、全カメラ機材をショルダータイプのカメラバックに入れ、中型三脚を肩に担いで撮影していましたが、荷物のバランスも悪く、体への負担が大でした。

 

今の撮影スタイルに変えてからは、撮影時間と移動距離を長くすることができ、結果的に歩留まりが向上したと思います。

 

ただ、トータルで約6kg以上になり、高齢者としてはほぼ限界の重量です(笑)。最近は、撮影状況に応じて三脚を置いていったり、レンズを標準ズームだけにしたりと体力温存とケガ防止のために軽量化しています。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村