何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

撮影の幅を広げるレンズフィルター

私は、撮影の幅を広げるレンズフィルタ-として、プロテクト、C-PL、NDを使っています。

 

プロテクトフィルタ-は全レンズに付け、衝撃やキズから保護しています。僅かに画質に影響はあると思いますが、フィールドで神経質にならずに取り扱えます。ただし、逆光撮影では外します。

 

C-PLフィルタ-は、発色を良くするために使う方が多いですが、私が使っているPENTAXは、フィルタ-なしでも十分に鮮やかな色が得られます。また、広角ムラやカラーバランスの偏り等の弊害もあるため、私は、水面やガラスの反射をコントロールする用途でしか使っていません。

イメージ 1

K-3+DA★16-50+C-PL 2015/1 白鳥庭園

 

NDフィルターは、水流や水面を滑らかにしたり、動きを強調したりと用途は広いです。私はND16とND1000を使っていますが、今なら、ND2.5~ND500まで可変できるMARUMI CREATION VARI NDが良さそうです。

 

NDフィルターは、構図やピント調整時に外したり、濃度を変えるのに付け替えたり、準備に時間がかかります。可変式NDなら、低濃度で調整してから必要な濃度にすぐ可変できます。

イメージ 2

K-3+DA★16-50+ND16 2015/9 尾張横須賀まつり

 

C-PLとNDフィルタ-は、レンズの最大フィルタ径を購入して、ステップアップリングを使うと全てのレンズで使えます。ただ、ステップアップリングを使うとフードが使えなくなるので注意して下さい。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村