何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

感動がよみがえったAI技術による画像処理

今日は、最新の画像処理について紹介します。

 

私は、APS-Cセンサー1眼レフカメラでRAW画像(撮像素子の生の画像データ)を撮影、メーカー純正RAW現像ソフトで現像後にAdobe Photoshopで詳細調整、レタッチ、印刷しています。

 

www.sxvblog.com

 

www.sxvblog.com

 

最近、SNSやブログで話題になっていたのが、DxO PureRAWAdobe スーパー解像度です。

 

DxO PureRAWは、RAW画像を画像処理ソフト向けに最適化するソフトウェアです。

 

ディープラーニングを施したAI技術が活用され、色やディティールを損なうことなくデジタルノイズ等を除去します。

 

Adobe スーパー解像度は、RAW現像処理のCamera RAWに追加された機能です。

 

写真の幅と高さを2倍にする処理がおこなわれ、プレラーニングを施した機械学習モデルにより、ディティールを保持したままで画像拡大します。

 

今回は、サンプルとして7年前の羽豆岬の夜明けを撮影したRAW画像を使いました。

 

当日は、地平線まで雲がほぼない素晴らしい条件でしたが、露出アンダーで撮影してしまい、極端な増感処理が必要でした。

 

理想のイメージで現像すると空と朝焼けのグラデーション部にまだら状のノイズが発生するため、彩度とコントラストを大幅に下げていました。

 

画像処理の手順は、オリジナルのRAW画像をPureRAWのDeepPRIMEで処理してDNG形式のRAW画像を出力します。

 

次にPhotoshopのCamera RAWでDNG形式のRAW画像をスーパー解像度処理して現像します。

 

結果、理想のイメージで現像してもグラデーション部のノイズは抑えられ、周辺収差の影響を受けていた地平線のディティールも改善されました。

f:id:SXVM:20210526150948j:plain

K-3+DA★16-50 2015/12 「夜明けの海」

 

逆にグラデーション部が滑らかになったため、僅かなトーンジャンプ(階調の段差)が認識できるようになりました(笑)。

 

7年前の感動がよみがえりました。AI技術による画像処理、恐るべしです。

 

PureRAWは、無償試用デモ版を使いましたが、残念なことに、Xperia 5 Ⅱには対応していません。

 

www.sxvblog.com

 

スマホのような、画素数が少なめな小さいセンサーに最適な技術だと思うので、ぜひ、対応して頂きたいと思います。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村