何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

撮影の歩留まりを上げるマーティン LCDビューファインダー

カメラとレンズは、もう2年半ほど購入していませんが、撮影用品は、WiFiカードとLCDビューファインダーを購入しています。

 

1眼レフは、光学ファインダーで実像を見ながら撮影できるのが最大のメリットですが、撮影後の仕上がりを確認しづらいデメリットがあります。日中屋外の液晶画面で確認できるのは、大まかな構図とヒストグラムによる露出の傾向くらいで、歩留まりがどうしても悪くなります。

 

LCDビューファインダーは、液晶にあたる外光を遮断しながらルーペで拡大表示できます。

 

私が購入したのはマーティン LCDビューファインダー(M-6296)で、3.2インチ液晶対応、ルーペ倍率は2倍、視度調節範囲は-5~+3ディオプターです。ルーペ倍率はあまり高すぎても全体が見づらくなり、視度調整機構があれば眼鏡をかける手間がいりません。

イメージ 1

K-3+DA★16-50 2016/12 羽豆岬

 

撮影後に画像を確認するだけでなく、太陽を入れるようなライブビュー撮影では、LCDビューファインダーを目に当てながらカメラを安定させることもできます。LCDビューファインダーを使うようになってから、歩留まりが少し上がったような気がします(笑)

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村