何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

Xperia 5 Ⅱのスマスコによる花鳥風月

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

小型軽量で安価に超望遠撮影を実現!!


今まで撮影できなかった超望遠をカバーするため、Xperia 5 Ⅱのスマスコを導入しました。

 

被写体として、花鳥風月を対象に色々とチャレンジをしましたが、苦戦をしています(笑)。スマスコの操作性の問題もありますが、被写体そのものの撮影の難易度が高いです。

 

今回は、何とか撮影できたものを紹介します。

 

目次

 

スマスコとは

スコープ(フィールドスコープ、天体望遠鏡等)の接眼レンズの拡大像を、スマートフォンのカメラで撮影する超望遠撮影です。合成焦点距離(mm)は、スコープ倍率(倍)×スマートフォンカメラ焦点距離(mm)です。


私は、近距離の野鳥や花を対象に、スマスコのスコープを選択しました。

 

スマートフォンは、Xperia 5 Ⅱの望遠カメラです。仕様は、70mm(35mm判換算)/F2.4、1220万画素 PD AF 1/3.4インチセンサーです。

 

スコープは、Vixen ジオマⅡ ED52-S、接眼レンズは、Vixen GLH20Dです。仕様は、対物レンズ有効径:52mm、眼視至近距離(最短合焦距離):約4m、倍率:14倍です。

 

合成焦点距離は、980mm(35mm判換算)になります。

 

www.sxvblog.com

 

スマスコで花だけを撮るケースは少ないと思いますが、名古屋市の白鳥庭園の彼岸花を撮ってみました。

 

ピント位置はしっかりと解像しています。少しボケがうるさかったので、背景を暗くしました。

ED52-S+GLH20D(14×)+Xperia 5Ⅱ(70mm) 2023/9 白鳥庭園

 

写真レンズのような綺麗なボケではなさそうですが、背景を選べばそれなりに撮れると思います。

 

名古屋市の藤前干潟の野鳥です。Googleレンズの検索ではアオサギです。

ED52-S+GLH20D(14×)+Xperia 5Ⅱ(70mm) 2023/9 藤前干潟

 

藤前干潟は一般的な探鳥地に比べ鳥が遠いので、合成焦点距離980mmでは、大型の野鳥でも小さくしか写らないです。

 

www.sxvblog.com

 

ただ、ピント位置はしっかりと解像しているので、ある程度はトリミングで対応できそうです。

 

問題は、干潮時刻と潮位と気象条件です。近くに干潟が現れないと野鳥が遠くなり、気象条件によっては解像やコントラストが大きく低下します。


数回、撮影に行きましたが、良い条件がそろう日は少なかったです・・・。

 

被写体として、コスモスと風になびく蝶を狙いました。風はありましたが、残念ながら蝶はいませんでした(笑)。

 

www.sxvblog.com

 

野鳥もそうですが、被写体が野生の動く生き物の場合は、見つけて撮影するだけでも難易度が高いです。

 

スーパームーンの前日の月です。スパームーン当日が曇り予報だったので、前日に撮影しました。


デジタル1眼カメラと比べると、光軸やケラレの調整等、手間と時間がかかりますが、合成焦点距離980mmは素晴らしく、トリミングなしでこれだけ大きく写ります。

ED52-S+GLH20D(14×)+Xperia 5Ⅱ(70mm) 2023/8 月

 

月のような明るい天体は、昼間の被写体と同じようにスコープで大まかにマニュアルフォーカスすれば、スマートフォンのオートフォーカスでピントを合わせることができます。

 

まとめ

スマスコは、デジタル1眼カメラと比べると調整に時間がかかる、スコープがマニュアルフォーカス、スマートフォンのセンサーが小さく画質が劣るデメリットはありますが、小型軽量で安価に超望遠撮影を実現できます。

 

目的の撮影には苦戦していますが、今まで諦めていた超望遠撮影ができるだけでも素晴らしいです。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村