何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

光学メーカーのカリスマレンズ設計者

私は3本のレンズを使っています。PENTAXのDA★16-50mmF2.8、DA★50-135mmF2.8、DA★55mmF1.4です。

 

この中で、DA★16-50mmF2.8、DA★50-135mmF2.8はトキナーとの共同開発で、外装、コーティングはトキナー製で他マウントが発売されました。そのため、PENTAXユーザーでもトキナー設計と思っている方がほとんどです。

 

ところが、実際にはPENTAXから設計特許が出ており、同時期に発売されたDA35mmF2.8 Macro LimitedもPENTAXの設計と考えられます。

イメージ 1

PENTAX Q+01 2012/9 「ショッピング」

 

私は、自分が購入するレンズの設計者を調べます。PENTAXにはPENTAXIANと呼ばれる熱心なユーザーがいるので、比較的簡単に調べることができます。もちろん、自分で設計特許の焦点距離、F値、バックフォーカス(レンズ最後面から焦点までの距離)、像高(イメージサークル/2)、レンズ構成等が間違いないか確認します。

 

DA★55mmF1.4は、PENTAXのカリスマ設計者、平川さんの設計です。平川さんは、FA☆85mmF1.4やFA77mmF1.8Limited等、PENTAXを代表する銘ポートレートレンズを設計されています。私は平川さんの掲示板をリアルタイムで見ていましたが、DA★55mmF1.4は、FA☆85mmF1.4とFA77mmF1.8Limitedの中間的な描写とのことでした。

 

平川さんは、既に退社されているようですが、光学メーカーとして、PENTAX(リコー)には、レンズ開発を頑張って頂きたいと思います。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村