何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

段戸裏谷原生林きららの森の大自然の紅葉

設楽町の段戸裏谷原生林きららの森に、昨日行ってきました。

 

愛知県内最大級のブナの原生林で、樹齢200年の巨木が生い茂り、多くの野鳥や湿原植物を見ることができます。散策路が整備され、ウォーキングやバードウォッチングなど、四季を通じて楽しめます。

 

標高900メートルの高地にあるため、愛知県でも紅葉が早く、10月下旬から11月の第1週くらいまでが見頃です。7年ぶりの撮影になります。

 

最初は、駐車場があるルアーやフライフィッシングができる段戸湖です。

f:id:SXVM:20211105221156j:plain

K-3+DA★16-50 2021/11 段戸湖

 

5時に着く予定でしたが、カーナビが選んだコースが悪かったのか、6時になってしまいました。早朝の霧ねらいでしたが、すでに遅かったです(笑)。

 

きららの森は、約1時間の谷間と湿地を歩く散策路にしました。全体的に黄色と少しのオレンジ色の紅葉が中心でした。木の葉が落ちる音と野生動物の気配で、森が生きていると感じます。

f:id:SXVM:20211103152656j:plain

K-3+DA★16-50 2021/11 きららの森

 

散策路といっても起伏が多く、湿地と巨木の木の根で足が滑りやすくなっています。動きやすい服装とトレッキングシューズを準備するといいと思います。

 

いよいよ紅葉シーズンがスタートです。今年は撮影スケジュールに余裕を持たせることができます。体力と相談しながらできるだけ遠征したいと思います。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村