何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

魅力的なテーブルフォトを撮るための撮影アイテム

テーブルフォトは自分のイメージする世界を作り上げることができる!!

 

先日、本格的なテーブルフォトを撮るための撮影機材を紹介しましたが、基本は、被写体を美しく正確に撮るための機材です。

  

次に、応用として、より魅力的なテーブルフォトにするには、メインの被写体を生かす背景や小物等が重要になってきます。今日は、私が使っている魅力的なテーブルフォトを撮るための撮影アイテムを紹介します。 

f:id:SXVM:20201017180101j:plain

 K-3+DA★55 2020/10 「赤ワイン」

 

テーブルフォトのレンズは、基本的には標準ズームを使っていますが、被写体を魅力的に撮るには、背景をボカして強調させることも必要です。撮影状況に応じて、ボケが大きくきれいな大口径単焦点レンズを使います。

 

www.sxvblog.com

 

目次

 

背景、テーブルシート

被写体に合わせて撮影場所やテーブルを変えるのが理想ですが、現実はそうもいきません。そこで、背景、テーブルシートがあると便利です。

 

私は、ヘッズ フォトペーパーシート ナチュラルウッドホワイト PHO-SH1、大理石 PHO-SH5、コンクリート PHO-SH8を使っています。ナチュラルウッドはカジュアル、大理石はフォーマル、コンクリートはアートなイメージです。

f:id:SXVM:20200922141208j:plain

 K-3+DA★16-50 2020/9 「フォトペーパーシート」

 

ヘッズ フォトペーパーシートは、少し高価ですが、収納に便利な紙管ケースに入っており、表面がマットでテカらずに撮影できます。

 

www.sxvblog.com

 

 

ランチョンマット

素材やカラーバリエーションなど、色々な種類を準備しておくと、テーブルデザインの幅が広がります。

f:id:SXVM:20200922141230j:plain

 K-3+DA★16-50 2020/9 「ランチョンマット」

 

素材や色をしっかりと確認するため、上から3枚目のfog linen work リネンプレイスマット ナチュラル以外は、店頭で購入しました。 

 

 

食器、グラス類

食品は、そのまま写しても絵にならない場合は、食器に移して撮影します。私は、食品を際立たせるため、シンプルな白い食器のコレール ウインターフロストホワイト シリーズを使っています。

f:id:SXVM:20200922141258j:plain

 K-3+DA★16-50 2020/9 「食器」

 

逆に食器にこだわり、食品の魅力を最大限に引き出せば、さらに魅力的なテーブルフォトになると思います。

 

グラスは、中身が見えて映えるガラス製にしています。KINTO UNITEA カップ 350mlIKEA DYRGRIP グラス 360mlです。

 

花瓶は、ドライフラワーに合う、再生ガラスで作られたレトロな風合いのHorn Please リューズガラス クーレライン ボッテ、マルチに使えるキャニスター KINTO  BOTTLIT 150mlです。

f:id:SXVM:20200922141318j:plain

K-3+DA★16-50 2020/9 「グラスと花瓶」

 

www.sxvblog.com

 

 

花、木の実

メインの被写体だけでは物足りない、もしくはバランスが悪い場合、被写体の雰囲気に合った花や木の実を配置します。生花もいいですが、日持ちしないため、私はドライフラワーにしています。

 

花については、プルプサンパ ドライフラワーの詰め合わせにしました。花、花の実、葉、木の実と少しずつですが色々な種類が入っているのが楽しいです。花が少なめだったので、アトリエゆう 沖縄産かすみ草のドライフラワーを追加しています。

f:id:SXVM:20200922142225j:plain

K-3+DA★16-50 2020/9 「ドライフラワー」

 

木の実は、大地農園 ドライフラワー コーンアソート (100g) #ナチュラルにしました。明るい色がきれいです。

f:id:SXVM:20200922142541j:plain

K-3+DA★16-50 2020/9 「木の実」

 

www.sxvblog.com

 

ドライフラワーは、密閉容器に乾燥剤と入れておくと長持ちします。少し匂いがあり、虫が付くこともあるため、私は、保存ビンに分けて入れています。テーブルシートの四隅の重しにも使えます。

 

 

その他

定番の洋書と英字新聞、イルミネーションで玉ボケを作るためのLEDジュエリーライト、暖かい光のティーライトキャンドルを準備しています。

 

洋書は、古書になると、ネット通販ではさすがにリスクがあります。名古屋市の書店で、シミ、汚れが少ないものを選んで購入しました。英字新聞は、なぜか自宅にありました(笑)。

 

LEDジュエリーライトは、電光ホーム 2m シャンパンゴールドです。テーブルフォト用なので、短めのものにしました。ティーライトキャンドルは、シンプルなIKEA グリマ、グラーシグです。

f:id:SXVM:20200922141420j:plain

K-3+DA★16-50 2020/9 「その他の撮影アイテム」

 

www.sxvblog.com

 

 

まとめ

食品は、素早く撮らなければならないため、よく使う撮影アイテムは準備しておきます。後は、イメージするデーブルデザインに応じて揃えていくとよいでしょう。

 

テーブルフォトは、風景とは違い、自分がデザインしていかなければなりません。創造力が問われますが、自分のイメージする世界を作り上げることもできます。

 

あなたも、テーブルフォトでフォトライフを楽しんでみませんか?

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村