何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

カメラマンのためのカラーマネージメント

デジタル写真を扱う上で、避けて通れないのがカラーマネージメントです。

 

誰が、何を、何のためで色々な基準が正解となるのがカラーマネージメントの難しさです。私が参考にした本は、谷口泉さんの「カメラマンのためのカラーマネージメント術」で、紹介している機材はやや古いですが、カメラマンが気持ちよく楽しむために必要な内容が整理されています。

f:id:SXVM:20201121124156j:plain

K-3+DA★16-50 2015/1 東海フラワーショウ

 

私の撮影後のワークフローは、処理が高速なデジタル1眼レフでファイルをセレクト、カメラメーカーの色が正確に再現される純正現像ソフトで現像、大画面の液晶4KTVで鑑賞しています。プリントは額装やコンテスト応募など必要に応じて印刷します。

 

モニターは、セレクトから現像まではカラーマネージメント対応のBenQ SW240、鑑賞はMITSUBISHI 4KTVです。プリンタは、写真用にエプソンの顔料8色インクA3プリンタ SC-PX7V2、事務用にキヤノンの染料5色インクA4複合機です。モニターキャリブレータは本にも紹介されているDatacolor Spyderシリーズの5PRO、プリンターはメーカー配布のICCプロファイルを使っています。

 

照明は、モニターがあるリビングは調光タイプのLEDシーリングライトで昼白色5000Kに調整しています。ただ、プリントの色評価には、平均演色評価数がRa83と向いていないため、Ra90の東芝 キレイ色 昼白色(5000K)で確認しています。

 

カラーマネージメントは奥が深いですが、まずは、現状の機材を活用するところからです。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村