何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

フォトグラファーのためのカラーマネージメント

ワークフローの効率化と作品の色再現性を確保するのがカラーマネージメント!!

 

デジタル写真を扱う上で、避けて通れないのがカラーマネージメントです。

 

私の撮影後のワークフローは、撮影したデジタル1眼カメラにモニターをHDMI接続してファイルをセレクトします。

f:id:SXVM:20210209172222j:plain

K-3+DA★16-50 2015/1 東海フラワーショウ

 

次にセレクトしたファイルをパソコンにコピーして、カメラメーカーの色が正確に再現される純正RAW現像ソフトで現像します。

 

www.sxvblog.com

 

現像ソフトで対応できない微調整やレタッチが必要な場合は、劣化を最小限にするためにTIFF形式で保存してから、フォトレタッチソフトの業界標準といえるAdobe Photoshopで画像処理します。

 

鑑賞は、大画面4KTVでスライドショーにしています。プリントは、額装やコンテスト応募など必要に応じてAdobe Photoshopで印刷します。

 

今回は、私のカラーマネージメント環境について紹介します。

 

目次

 

カラーマネージメントとは

カメラ、モニター、プリンターなどの異なるデバイス間の色を管理することです。皆さんは、こんな経験はないでしょうか?

 

撮影した画像の色をモニターで確認しながら調整したのに、プリントすると違う色になってしまう。色合わせと印刷を何回も繰り返すので、時間がかかって用紙やインクがあっという間になくなってしまう。

 

www.sxvblog.com

 

なぜ、こんなことになってしまうのか。デバイスによって色の作り方や表現できる範囲が異なっており、さらに同じデバイスでも特性に差があるからです。

 

印刷をしないにしても、真っ赤な夕焼けをブログにアップしたつもりが、見ていただいている方には、オレンジや紫色に見えていたとしたら、もはや作品としての意味がなくなります。

 

そこで、異なるデバイス間の色を管理して基準となる色に変換することで、どのデバイスでも色の再現性を確保するのがカラーマネージメントです。

 

参考にした本

私が参考にした本は、谷口泉さんの「カメラマンのためのカラーマネージメント術」です。

f:id:SXVM:20210208141039j:plain

K-3+DA★16-50 2020/9 「カメラマンのためのカラーマネージメント術」

 

紹介している機材はやや古くなっていますが、カメラマンやフォトグラファーが気持ちよく写真を楽しむために必要な内容が整理されています。

 

 

ホワイトバランスツール

撮影時は、カメラのモニターの色再現には限界があるため、色は大まかな調整にとどめ、構図とピント、露出をしっかりと追い込みます。

 

色かぶりしやすい環境下では、フルカラーバランスをセッティングするCBLレンズを使った正確なホワイトバランスの撮影をして、編集する時の色の基準にします。

 

www.sxvblog.com

 

現場のイメージを再現するときに迷った場合は、色の基準を参考にします。 

 

 

モニター

セレクトから現像までは、BenQ カラーマネージメントモニター SW240です。ハードウェアキャリブレーション対応のハイコストパフォーマンスな24.1インチモニターです。

 

私はノートパソコンで画像処理をしていますが、付属スタンドでは高さが低くてノートパソコンのモニター上にセットできないため、グリーンハウス 4軸モニターアーム GH-AMCA02で高さ調整しています。

f:id:SXVM:20210208141531j:plain

K-3+DA★16-50 2020/3 「BenQ カラーマネージメントモニター SW240+グリーンハウス 4軸モニターアーム GH-AMCA02

 

鑑賞は、パソコンにMITSUBISHI 4KTVをHDMI接続して、大画面でスライドショーにしています。

 

 

照明

照明の平均演色評価数は、基準となる色の再現性を数値で表したもので、100%の再現がRa100です。

 

モニターは自分で発光しているため、それほど照明の影響を受けませんが、反射で発色するプリントは照明で大きく変化します。

 

モニターがある部屋は、調光タイプのLEDシーリングライトで昼白色5000Kに調整していますが、平均演色評価数Ra83とプリントの色評価には向いていません。

 

プリントの色評価については、テーブルフォト用のRa96以上の業務用レベルの色再現性が期待できる、LEDビデオライト Neewer NL660 2.4Gで最終確認します。

 

www.sxvblog.com

 

プリント直後は、Ra90の三菱 ツイン蛍光灯 ナチュラルホワイト色 FPL27AXを付けたスタンドで確認します。

 

テーブルフォト用のスポット照明として、Ra90の東芝 LED電球 キレイ色 昼白色も使っています。Ra90の照明としては、入手しやすくお勧めです。

 

 

プリンター

写真用として顔料8色インクのエプソン A3ノビプリンター SC-PX7V2を使っています。顔料8色プリントは、平均演色評価数Ra90以上の照明では、カラーマネージメントされたモニターに近い色再現性があります。

f:id:SXVM:20210208142306j:plain

K-3+DA★16-50 2020/3 「エプソン A3ノビプリンター SC-PX7VIIと三菱 ツイン蛍光灯 ナチュラルホワイト色 FPL27AX付 スタンド

 

L~2Lサイズの写真用もしくは事務用に染料5色インクのキヤノン A4複合機も使っています。染料インクプリンターは、顔料インクプリンターに比べてインクが詰まりにくくメンテナンスが容易です。

 

 

キャリブレーションツール

異なるデバイス間の色を、基準となる色に変換するためのデータファイルがICCプロファイルです。このデバイス固有のICCプロファイルを作成するのが、キャリブレーターです

 

モニターキャリブレーターは、本にも紹介されているSpyderシリーズのDatacolor Spyder 5PROです。Spyderシリーズは操作がシンプルで扱いやすいです。

f:id:SXVM:20210208171822j:plain

K-3+DA★16-50 2020/5 「Datacolor Spyder 5PRO」

 

モニターのキャリブレーションは、モニターを直接調整するハードウェアキャリブレーションとICCプロファイルを使うソフトウェアキャリブレーションがあります。

 

BenQ カラーマネージメントモニター SW240は、ハードウェアキャリブレーション対応でソフトウェアキャリブレーションと合わせて実施することで、高精度のカラーマネージメントが可能です。MITSUBISHI 4KTVは、ソフトウェアキャリブレーションのみです。

 

プリンターのキャリブレーションは、プリンターキャリブレーターを使って印刷用紙ごとのICCプロファイルを作る必要があります。

 

プリンターメーカーは、メーカー純正用紙の専用ICCプロファイルを提供しています。私は、プリントの頻度がそれほど多くないため、メーカーの純正用紙と専用ICCプロファイルの組み合わせで使っています。

 

まとめ

カラーマネージメントモニターとモニターキャリブレーターのどちらを先に購入すればよいのでしょうか?

 

安価になってきたカラーマネージメントモニターでしょうか。

 

出荷時に調整されているものを選べば、しばらくは、モニターキャリブレーターがなくてもOKです。デバイスの経年劣化で色再現性が低下してくるまでに、モニターキャリブレーターの購入を検討すればよいと思います。

 

モニターキャリブレーターを先に購入しても、再現できる色の範囲が狭いモニターしかなければ、正確な色を表示できない可能性があります。

 

カラーマネージメントは奥が深いですが、まずは、色評価のベースとなるモニターから初めて、ワークフローの効率化と作品の色再現性を確保しましょう。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村