何気ない日常の写真

愛知県を中心に、花や風景、街を撮る、何気ない日常のフォトブログ

今後のフォトライフへ向けた撮影スタイルの見直し

4月から少し余裕ができたので、今後のフォトライフへ向け、撮影スタイルの見直しを行いました。

 

今までは、APS-Cセンサ1眼レフカメラ+レンズ3本をショルダーバックに入れ、カーボン3段の中型三脚を肩に担いで、トータル6kgの機材を持って2~3時間歩いて撮影するスタイルでした。

f:id:SXVM:20200118174811j:plain

K-3+DA★16-50 2017/1 「MINOLTA UCⅢ 6x16」

 

カメラシステムについては、システムの進化やレンズの更新が期待できない1眼レフからミラーレスへの移行を検討しましたが、本格的な撮影は後5年+αと考えると、現システムのまま、新しい撮影スポットへの遠征にコストや時間をかけた方がいいと判断しました。

 

カメラバックは、ショルダータイプは腰に負担がかかるため、リュックタイプで全機材を収納できる容量があり、取り外し可能なウエストベルトが付いているThule Aspect DSLR Backpackにしました。ウエストベルトがあれば、肩の荷重を腰に分散させることができます。

 

三脚は、リュックに固定するため、収納サイズが小さく、振動吸収に優れたカーボン4段トラベル三脚のVelbon UT Carmagne 5430にしました。全高1487mmとやや低めで重量が1.6kgありますが、脚径25mm、耐荷重3kgと広角から標準レンズなら十分な剛性があります。徒歩移動が少ない撮影ポイントや望遠レンズ撮影は、今まで通り中型三脚を使います。

 

機材重量はほぼ変わりませんが、荷重分散と動きやすさを向上、撮影時間を延長することができました。フォトトレッキングにも対応可能で、GWに苦戦した乳岩峡も再チャレンジしたいです(笑)。

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村